2013年6月17日 (月)

9歳は人としてのスタートである

9歳の危機(you are my sunshine)

お母さんのお腹から生まれて子どもの身体がお母さんと離れるが、 模倣を通して結びついていた外界の事物から、模倣力の力を失った9歳の子どもは、 自分と周りの世界との一体感から抜け出し、自分を世界の中に存在する「個」として感じるようになる。

それは、それまで疑いもせずに安心しきっていたまわりの世界(父・母・友達・先生)から切り離された孤独感や不安定感を抱き、不安定な状態に陥る。

この孤独で不安な時期は「9歳の危機」と呼ばれている。

また、この時期には、不安な夢を見ることがある。 肉体的にも負担が大きく、頭痛や腹痛を訴えることもある。 「死」を怖がったり、わけもなくメソメソ泣いたりする。

「この時期の問題は、かえって思春期の問題よりも繊細に扱わなければならない」

「死んじゃうの?」というのは、今まで自分が守られているというところで安心していたものが、ふっと感じられなくなるときに出てくる「不安」を表現する言葉だと思ってください。

ところが、9歳という時期に「自分は将来何になる」ということが具体的になったりする。9歳の頃、幼児期にあった守ってくれる力を自分で取り払いながら、今度は前を見て、自分の人生で何をしたらいいのかということを直感的に感じ取る。

自分の幼児期とお別れする自分が寂しいし、また、自分の中に新しく生まれてくる、自分のこれからの人生に対して向かう勇気のようなもの、それをもらってくる時期である。

9歳は自我が目覚める大切な時。ちょっとした変化に注意しよう。

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

ピアノは右脳に刺激を与えるために習わせよう

子供には“7歳までにピアノを習わせる”と良い影響がいっぱい!まとめ18個(M3Q)

“4~7歳に音楽を始めるのが良い”

“この時期にわずか数年習っただけで学習にも好影響を及ぼす”

“外国語にも適応しやすくなる”

“「HQ(人間性知能)」を高めることができる”

※一部編集

「“親が気合いを入れすぎてもよくない” 」とあり、「○○が弾けるまで」など一定のレベルに留めておいた方が良さそうです。右脳に刺激を与える目的で習わせるぐらいでいいと思います。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

右脳を殺す日本の教育システム

日本でマーク・ザッカーバーグを生み出す教育論【対談:茂木健一郎×伊藤穰一】

Joi「僕らのご先祖さまが作った教育システムが、やっぱり良くないと思うんだ。時間通りに集まって、命令をよく聞くお利口さんを育てる教育システムがね。あれは、右脳を殺す教育なんだ。」

そういえば僕が中学生の時、美術で点描画をやったのですが、ちょっとSFチック(?)な感じで描いたら評価が芳しくなかった。他は日常生活とか普通の切り口だったので面白いと思ったんだけどね。そうそう、あれから絵を描くのが嫌いになったんだよね。

| | コメント (0)

2013年4月12日 (金)

勉強をなぜするのか?

「勉強をなぜするのか?」という問いに、僕は「先人が残した知見を効率的に学ぶ」という答えるようにしている。

年寄りの個人差は大きい[モジログ]

人間の個人差は、もって生まれた才能や、生まれ育った環境の違いもあるが、日々をどう過ごすかによっても、差がついてくる。 歳をとればとるほど、それによって大きな差がついてくるので、個人差は若者よりも、年寄りのほうがはるかに大きくなる。

人生の充実度は日々の積み重ねによる。だからこそ教育って重要だと思う。

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

性教育はいつ教えるべきか

ぼくどこからきたの?
ぼくどこからきたの? ピーター メイル アーサー・ロビンス

河出書房新社  2002-12
売り上げランキング : 1892


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

性教育は、この一択。『ぼくどこからきたの』

男と女の違いから始まって、セックスとは?赤ちゃんができるとは?に真正面から答えている本。親子で読めて、きちんと話し合える。生々しすぎる描写ではなく、かといって抽象的すぎでもない(「プリキュアで性教育」といっても、おしべとめしべは、ほとんとメタファー)。『南仏プロヴァンスの12か月』のピーター・メイルの文を、谷川俊太郎が訳している。率直で、ごまかしのない言葉で伝えている。

一通り読み聞かせた後、性感染症の話を補足する。お風呂のとき、そこを綺麗に洗いなさいというのは、これが理由だったのか、と納得してもらう。あとは質問コーナー。山ほど出てくる問いかけに、適切な言葉を選び、分かりやすく伝える。避けたかったのは、セックスを冗談や卑猥なもので歪ませたメディアから伝えられること。

性教育[Wikipedia]

■日本

体育・保健体育の授業で小学校4年生で「体の発育・発達」、同5年生で「心の発達及び不安、悩みへの対処」、中学校1年生で「身の機能の発達と心の健康」として性教育を受ける。

小4ぐらいから始めるとよさそう。避けては通れない話ですからね。

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

人生計画表

人生計画表

人生計画表を作ろう!エクセル1シートでできる私の計画表と運用方法を紹介します。(Cross Mode Life)

子供用(育児や教育)に作っておきたいな。

■関連記事
予防接種アプリ(ネット海)

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

怒らない子育て法

怒らない子育て法

怒らない子育て法〈どうする?〉:朝日新聞デジタル

否定せず具体的に説明する。「やめなさい」「早くしなさい」は言わない。

| | コメント (0)

2012年6月30日 (土)

可愛がれば可愛がるほどバカになる?

不安や心配は高いIQとリンクしているという調査結果が明らかに[GIGAZINE]

不安や心配などはよくネガティブなこととして捉えられがちですが、ニューヨーク大学で精神医学を研究するJeremy Coplanさんが明らかにしたところによると、それら負の感情は人の高い知能とリンクし、人類の進化とも深く関わっているそうです。

また不安障害の人々は健康な人々よりもIQが高く、これは脳の中にある情報の伝達を助ける部分の動きが活発であることが理由なのですが、この部分は人類が進化を成功させたことに深く関わってきたものと考えられています。「心配や不安といったことは私たちにとってありがたいものではありませんが、それは知能、つまり環境に適応していく能力と深く関わっているのです」とJeremy Coplanさん。極度の心配は不合理で、不安障害の患者達をしばしば無力にしますが、しかしこれらのものは生命にとって重要です。不安や心配といった危 険信号に基づいて行動すれば、自身の生命や種の保存が可能になるからです。

2代目、3代目で会社が傾くのは、育った環境が良すぎだからか。平穏な環境で脳を働かせるのは難しいですからね。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

小学校の校庭に描いたナスカの地上絵

小学校 校庭 ナスカの地上絵 ハチドリ

「ナスカの地上絵」校庭に!福岡市の野芥小[西日本新聞]

福岡市早良区の野芥小学校で3日、ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」を校庭に再現する体験学習があり、6年生約100人と保護者らが実物のほぼ半分の大きさで「コンドル」の地上絵を描いた。

九州産業大工学部の諫見泰彦准教授(建築教育学)が、実物を30分の1に縮めた原図を使って指導。算数で習う「拡大図と縮図」を応用し、糸を伸ばして原図を拡大する方法で、縦70メートル、横50メートルの絵を完成させた。

ナスカの地上絵(ハチドリ)の描き方は

小学校 校庭 ナスカの地上絵 描き方

描いたのは、「ナスカの地上絵」の1つの「ハチドリ」です。はじめに縦11メートル、横7.5メートルのベニヤ板に書かれた絵を用意し、測量の技法を使って5倍に拡大してから、石灰で描いていきました。こうして完成した絵は、大きさが縦60メートル、横40メートルあり、実際の地上絵のおよそ60%の大きさだということで、

糸と画びょうを使ってナスカの地上絵を描くのですが説明が難しいので動画で確認してください。

ナスカの地上絵 描き方 キャンドル ナイト ライトアップ

ナスカの地上絵 キャンドル 方法

地上絵のライン上にキャンドル3000個を並べて小学校の屋上から眺めると幻想的。一生の思い出になるのは間違いない。

| | コメント (0)