カテゴリー「海外ニュース」の40件の記事

2007年12月20日 (木)

ゴールドマン・サックスが今年も増収増益、モルガンスタンレーは9~11月赤字

ゴールドマン・サックスが今年も増収増益を達成しました。またまたボーナスが7000万円オーバーですね。

米証券大手ゴールドマン・サックスが18日発表した2006~07年度(06年12月~07年11月)決算によると、純収入が前年度比22%増の459億8700万ドル純利益は22%増の115億9900万ドルに達し、いずれも過去最高を更新した。(時事通信社) 

やはりサブプライムを「逆張り」で乗り切ったのことが要因でしょうね。

 米証券大手モルガン・スタンレーが19日発表した2007年9~11月期決算は、低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き増加に伴い金融市場の混乱で保有資産の評価損94億ドル(約1兆0620億円)に膨らんだ結果、35億8800万ドル(約4050億円)最終赤字に転落した。前年 同期は22億0600万ドル(約2490億円)の黒字だった。

 サブプライム絡みでは、米銀大手シティグループも10~12月期に最大110億ドル(約1兆2430億円)損失を予想するなど、金融機関の収益悪化に歯止めが掛かっていない。

9~11月決算では、ゴールドマンサックス以外は軒並み業績が悪化する見込みです。

資本増強に向けて、中国の国有投資会社「中国投資有限責任公司(CIC)」から約50億ドル(約5650億円)の出資受け入れを決定。

ここも政府系ファンドですか。

ゴールドマンサックス(NYSE:GS)○
時価総額(2007/12/20)
$81.19Billion =  8.93兆円(1$=110\)
株価
$204.14

○モルガンスタンレー(NYSE:MS)○
時価総額(2007/12/20)
$53.15Billion =  5.84兆円(1$=110\)
株価
$50.18

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

[韓国大統領選挙]日韓冷戦時代に突入か

世論調査ではトップの李明博氏で決まりが大方の予想である。個人的に韓国の大統領選には興味がなかったのだが次の一言で興味が沸きました。

「北朝鮮の国民生活を改善させるための財源となる400億ドル(約4兆円強)を国際機構と日本に出させる」

大統領選挙中の2007年12月14日に北朝鮮政策の一環とて発言した内容です。半分でも2兆円、人の財布を当てにするとは、韓国人も中国人と同じく虫のいい話だなぁ。

ただ彼の植民地時代の日本名は「月山明博」というそうです。

1941年、大阪にて生まれる。父親は畜産関係の仕事をしていたが、第二次世界大戦の日本の敗戦の後に、家族を伴って慶尚北道の浦項へ引き揚げた。暮らし は非常に貧しく、中学校時代は栄養失調に倒れた事もあったが、卒業時の成績は全校2位だった(一番低いときでも3位だった)。家が貧しかったために全日制 の高校ではなく定時制の商業高校を経て、高麗大学校経営学科へ進学した。

大学卒業後に現代建設に入社。政界入り以前は経済人として有名で、中小企業に過ぎなかった現代建設で鄭周永の薫陶のもと、辣腕を振い、29歳で取締役、36才で社長、47歳会長に就任して韓国のトップ企業に押し上げた。「現代の韓国を創った50人」に選ばれるなど、韓国におけるサラリーマン神話の代表的人物とされている。(人物像:ウィキペディア)

こういう背景を持っていると発言は納得いきますね。(対日姿勢

韓国の今後5年間の外交は、北朝鮮>日本になりそうです。

まぁその前に「BBK事件」で捕まってしまうかもしれませんが。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

[ゴールドマンサックス]サブプライムのショート戦略「逆張り」成功で通期最高益計上

ヤフートップニュースから。

14日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題が深刻化する前の段階で、リス クの高い住宅ローン担保証券(RMBS)の下落を予測する「逆張り」投資を行った米証券大手ゴールドマン・サックスの一部トレーダーらが、11月末までの 1年間で40億ドル(約4480億円)近い予想外の巨額の利益を上げたと報じた。

逆張りをするだけの確かな情報を掴んでいたのでしょうか。

サブプライム住宅ローンの焦げ付きにゴールドマン自身もRMBS関連で15億~20億ドルの損失を被った。
 しかし、同社が逆張り投資で稼ぎ出した利益は、こうした損失を埋め合わせてなお余りあるもので、同社は来週発表する決算で過去最高益を計上する見通しだ、と同紙は指摘している。(時事ドットコム

なるほど。「下がるリスク>上がるリスク」と考えていたようですね。やってくれますね『ゴールドマンサックス』。昨冬のボーナスの平均7300万円だというのもうなずける。

ゴールドマンサックス(Golodman Saches)[NYSE:GS]

特色
世界最大の投資銀行
時価総額(2007/12/14)
$82.91Billion = 9.12兆円(1$=110\)
株価
$208.48

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

スイス金融大手UBSがサブプライム問題で1.1兆円の追加損失

スイスの金融大手UBSは10日、サブプライムローンに伴う累計損失が約1兆6000億円に達することを発表しました。

サブプライム関連の1度の損失計上としては最大。UBS7―9月期決算で関連損失として約5000億円を計上した。サブプライム関連証券は当初は低格付 け商品の評価下落で損失が出たが、今回は「スーパーシニア」と呼ばれる高格付け商品でも格付け引き下げ1.1兆円追加損失が出た。(NIKKEI NET

1兆円以上の損失・・・よく潰れないなぁ。

UBSは転換社債を発行してシンガポール政府系の投資会社(GIC)から110億スイスフラン(約1兆1000億円)、中東の投資家(オマーンの政府系ファンド?)から20億スイスフラン(約2000億円)の出資をあおぐほか、自社株の売却なども実施し資本を増強する。

富裕層ビジネスに強く、長期的に有望な投資対象だそうです。

直近5日間のUBS株価
Ws000001

5年間UBS株価
Ws000000

 

UBS(NYSE:UBS)◆

特色
現在はスイスの金融機関というよりは、グローバルな金融機関である。本社は、バーゼルとチューリッヒにあり、従業員は68000人を超える。
時価総額(2007/12/12)
$96.27Billion=10.59兆円(1$=110\)
株価
$50.36

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

YouTubeが投稿者に広告収入の分配開始

GIGAZINEさんより。
>>YouTube、ついにムービー投稿者に広告収入の分配を開始

実はYouTubeには「YouTube Partner Program」というのがあり、YouTubeの中で上位にランキングされるムービーを投稿したクリエイターには広告収入が分配されていたそうです。今まではごく一部のプロにしか適用されていませんでしたが、今日から一般のユーザーにも条件付きで開放されるそうです。

例えば、100万回以上再生されたコンテンツを投稿したユーザーは毎月数千ドル(数十万円)の収入を得ているとのこと。

参加する条件は以下の4つ

・オリジナルのビデオであること
・映像や音楽の著作権をすべて自分で持っていること
・アップロードしたムービーが常に数千人のユーザーに見られていること
・アメリカかカナダに在住していること

コンテンツのクオリティ向上と著作権問題解決の一環ですね。ただ日本在住では無理なようですね。

Google(Youtubeの親玉)
時価総額(2007/12/11)
$224.75Billion=24.72兆円(1$=110\)
株価
$718.42

| | コメント (0)

2007年11月21日 (水)

[米アマゾン]紙媒体より6割安い電子書籍端末を発売

Amazon.comが電子書籍販売にも乗り出しましたね。
200711210049a1

 ネット小売り最大手の米アマゾン・ドット・コムは19日、書籍や新聞をダウンロードできる専用端末「キンドル」を発売した。約9万冊取り扱う書籍は同社 サイトで購入するより6―7割安い。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)など主要紙も宅配より約6割安く届ける。著作物の流通モデルに一石を投じ そうだ。
(BizPlus)

気になる金額は次のようになってます。

■端末            :価格は399ドル(約4万4000円)
■書籍データ    :1冊10ドル
■新聞            :月額6~15ドル
FujiSankei Bussiness

株価/時価総額
2007年1月4日の記事では

■時価総額    :16.25Billion$
■株価            :39.46$

となっております。
2007年11月21日の株価(GoogleFinance)

■時価総額    :33.38Billion$(約4兆円)
■株価            :80.39$

ほぼ2倍となっています。

◆今後
今のアマゾンのサイトに電子書籍を販売し成功することは容易に想像できるのでウィキペディアでも書いてあるように今後も経営は磐石っぽいですね。ただ電子書籍を読むためだけに端末は購入しないだろ、ふつう。

1990年代末に多くのIT企業が急激な勢いで成長を遂げる中、アマゾン.comは堅調な成長を続けた。アマゾン.comの「低速な」成長は投資家にとっては不評であったが、インターネット・バブルがはじけ多くの企業が姿を消す中、堅調な成長に支えられて2002年の第四四半期にも最大の利益をあげることができた。

| | コメント (0)

2007年11月14日 (水)

宇多田ヒカルとNe-Yo(ニーヨ)がコラボ・シングルがデジタル配信

Utadaさんはすごい人ですね。

 このコラボレーションは、Ne-Yoが世界各地のディーヴァをフィーチャーした楽曲制作を行なうという企画の一つ。アメリカではメアリー・J.ブライジ が、イギリスではナターシャ・べディングフィールドが、ドイツではサラ・コナーがそれぞれ選ばれています。日本でのコラボレーターはアメリカでのレーベ ル・メイトでもあるUtadaで、なんでも、LAリードやジェイ・Zの推薦でUtadaの曲を聴いていたというNe-Yoは、「彼女は素晴らしい声の持ち 主だ。彼女とだったらきっと良いデュエット曲が出来上がるよ」と、Utadaの客演を懇願したようです。
(CDジャーナル)

「ドゥ・ユー」の試聴は下記のサイトできるそうです。
http://www.universal-music.co.jp/utada/
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/ne-yo/


Ne-Yo(ネーヨ)についてはこちらで書きました。
>>http://4ki4.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/youtubeneyo_e40b.html

| | コメント (0)

2007年11月12日 (月)

過去25年でIT業界に最も影響を与えた人物

米CompTIAは7日(現地時間)、過去25年間にIT業界でもっとも影響を与えた人物を発表した。473人によるウェブ投票の結果、84%がマイクロ ソフトのビル・ゲイツ氏を挙げてトップ。次いで、アップルのスティーブ・ジョブズ氏。3位はマイケル・デル氏だった。以下はトップ10のリスト。

過去25年でIT業界に最も影響を与えた人物ランキング
順位 名前 企業名/サービス
1位 ビル・ゲイツ マイクロソフト/[OS]Windows
2位 スティーブ・ジョブズ アップル/iMac,iPod,iPhone
3位 マイケル・デル Dell(デル)
4位 リーナス・トーバルズ Linux(リナックス)
5位 サーゲイ・ブリン
ラリー・ペイジ
Google
6位 ジョン・チェンバーズ シスコシステムズ(ネットワーク)
7位 ラリー・エリソン Oracle(オラクルデータベース)
8位 ヴィントン・サーフ TCP/IPプロトコル
9位 スティーブ・バルマー マイクロソフト
10位 メグ・ホイットマン eBay

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

Google株価600ドル超え、ドワンゴが値上がり率2位

Youtubeを買収したGoogleの株価が600ドルを超えました。

約11ヶ月前2006年11月21日、最初の海外四季報の記事がGoogleでした。そのときの株価が506.71$でしたので約1.2倍です。

本日、サイトデザインのリニューアルをしたニコニコテレビの親会社ドワンゴさんは10月上旬は急騰しました。

Ws000001
>>ヤフー

 ドワンゴ <3715> が急騰。2日終値は1万9000円高の13万5000円で、東証1部値上がり率2位に躍進。1日、傘下のニワンゴが運営する「ニコニコ動画(RC)」について、投稿される動画の権利保護に向け権利者との対話を強化すると発表。株価の刺激材料になった。(株式新聞社)

Ws000000

 なお、1日にはニコニコ動画の07年度グッドデザイン賞コミュニケーションデザイン部門の受賞も明らかにしています。

本日10日に機能強化したRC2版を10日18時に開始すると発表記事では
>>BroadBandWatch

Niwango04

Niwango051
上部には広告を張らないそうです。(ネット)テレビとしての側面をより強調してきました。
先日ニコニコテレビ発表か?という記事を書いたのですがどうやら間違いなさそうですね。
このあたり、2ちゃんの管理人をやってきた西村博之さんらしい配慮ですね。

そして、「国際ニコニコ映画祭」(⇒サイト)。これはアカデミー賞を超えるかもと個人的に思います。閉ざされたところではなく、皆で決める本当に万人から支持される賞として海外からも注目を集めるのではとボクは思います。

そして動画編集ソフトを開発するところにも本気度を感じてますね。
Niwango32


投稿者編集モードとかユーザビリティがさらに向上しましたね。

| | コメント (2)

2007年10月 2日 (火)

Skype、14億3000万ドルの損失

GIGAZINEさんの記事です。

アメリカのオークションサイト「eBay」によって買収されたP2P音声通信サービス「Skype」ですが、巨額の損失が発生し、SkypeのCEOが退任したそうです。

発表によると、10月1日付けでSkypeのCEO(最高経営責任者)であるNiklas Zennstrom氏が退任したそうです。後任が決まるまではeBayのCSO(最高戦略責任者)であるMichael van Swaaij氏が代理としてCEOを勤めるとのこと。

なお、eBayはSkypeの損失9億ドルに加えて、株主への支払いを含めた計約14億3000万ドル(1647億円)を2007年第三四半期の減損損失として計上する予定だとしています。

なぜこれほどまで損失を抱えるのか意味が分からないのですが。2ヶ月ほど前に一斉にバグが生じたのが関係しているのかな。

それより、オークションの「ebay」がスカイプを買収していたことも驚きでした。知らなかった。
その当時(2005/09/12 )の記事です。

 米eBayは12日、ルクセンブルグのSkype Technologiesを買収することで合意したと発表した。買収金額は約26億ドル(日本円で約2,856億円)に達する見込みで、うち13億ドルは現金で、残りの半分はeBayの株式3,240万株で支払われる。なお、買収は2005年第4四半期までに完了する見込みだ。

 eBayのMeg Whitman CEOは「eコマースをリードするeBayとインターネット音声通信のリーダー企業が一緒になれば、ネット上のビジネスで非常に強力な環境を手に入れられる」とコメント。eBayにおける支払や配送といった重要なプロセスに、Skypeによるボイスコミュニケーションを導入するという。

 また、eBayでは同社が提供するペイメントサービス「PayPal」とSkypeとの連携も強調。PayPalとSkypeが連携することで、Skypeの有料サービスの利用が現在よりも簡単になるとしている。さらに、多くのPayPalアカウントがSkypeの有料サービスに利用され、決済ボリュームも増加すると予想した。

 SkypeのNiklas Zennstrom CEOは、「Skypeのビジョンは、世界で最大の通信事業を打ち立てることと、インターネット上のコミュニケーションに変革をもたらすほど手軽にすること。これらのビジョンは、eBayとPayPalと一緒にやる以外には考えることができない」と述べている。
(Internet Watch)

約3000億円で買収して、1600億円の損失って大きな買い物ですね。

買収当時に交わした Skype の業績に連動する剰余益受領契約を完遂するため、5億3000万ドルを前 Skype 株主に対して支払ったことも明らかにした。同契約は、上限を17億ドルとして設定していたものだ。
(http://japan.internet.com/finanews/20071002/11.html)

収益が予想よりも下回り、前株主に5億3000万ドル(約600億円)を支払ったのが要因ぽいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧