« 郷村基 | トップページ | デマンドメディア »

2011年1月28日 (金)

各国のS&P国債格付け一覧

国債 格付け 一覧 S&P 各国 ランキング
※WBS

■AAA
・アメリカ
・フランス
・ドイツ
・イギリス
・カナダ

■AA+
・ベルギー

■AA
・スペイン
・カタール
・スロベニア

■AA-
・日本
・中国
・クウェート
・サウジアラビア
・台湾

■A+
・イタリア
・チリ

■A
・アイルランド
・韓国

■A-
・ポルトガル

■BBB
・ロシア

■BB+
・ギリシャ

※S&P(2011年1月28日時点)

日本のソブリン格付けを「AA-」に格下げ[S&P]

日本の債務比率は既に格付け先ソブリンの中で最も高いレンジにあるが、さらに、S&Pが世界的な景気後退以前に予想していた水準を上回る水準まで 上昇し、2020年代半ばまで下降に転じないとみている。なかでも、一般政府財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は2010年度の概算値である9.1% から、2013年度には8.0%へと若干の低下にとどまると予想している。中期的には、大規模な財政再建策が実施されない限り、2020年より前に基礎的財政収支(プライマリーバランス)の均衡は達成できないと予測している。

ダボス会議前というタイミングでの最後通告。

ドル円チャート 為替 円安
1円ほど円安へ。

国債格下げ 長期金利
長期金利は織り込まれていたような動き。

Gdp グラフ 政府負債
マーケットハック

[追記]2012/1/17
「トリプルA」世界で減少 S&P格付け国債14、民間銀ゼロに[日経新聞]
ユーロ圏
・オランダ
・ドイツ
・フィンランド
・ルクセンブルク
その他欧州
・英国
・スイス
・スウェーデン
・デンマーク
・ノルウェー
・リヒテンシュタイン
アジア、オセアニア
・オーストラリア
・シンガポール
・香港
北米
・カナダ

◆関連記事
格付け機関のレーティング記号[世界四季報]

|

« 郷村基 | トップページ | デマンドメディア »

コメント

政府負債対GDPという指標は無意味ですね。

政府負債が対内負債なのか、対外負債なのか、自国通貨建てか、外貨建てかで分けて考えないと。

自国通貨建て対内負債で破綻するなんてありえないのですから(実際に歴史上で破綻した国は、外貨建ての対外負債のみ)

http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2009/05/26/005531.php

投稿: 日本財政破綻というウソ | 2011年2月12日 (土) 01時03分

「自国通貨建て対内負債で破綻するなんてありえない」というのもあり得ないと思います。
理由:
1.政府の負債は、いつか返却しなければいけないのではないですか?そこでは、ハイパーインフレで国民からの国債負担(借金)の価値無くすしかない。
2.国民の預貯金がまだあるうちはいいが、貯蓄率がさがっており、団塊の世代が65歳以上になったときは、国民の預貯金は減衰する。そのとき国債が暴落する可能性はある。
3.海外からはIMF以外はだれも買ってくれない。

如何?

投稿: Shige | 2011年7月 7日 (木) 10時17分

対外負債と対内負債を分けて考えるのは正しいですが、対内負債だから放っておいていいという理由は明らかに間違いですよ。
資産があるから大丈夫という人もいますが、どちらかと言うと、かつての貯蓄を削って食い繋いでいるという表現の方が正しいかと。

ただ、「海外からはIMF以外はだれも買ってくれない。」というのも違うのでは?
中国が米国債から日本国債に乗り換え始めているようですし、どちらかというと日本国債の金利が安いのが理由かと。
それでも金利が高くならないのは、国内での消化が異様に大きいから。
ただ、これは銀行が民間投資をサボってる証拠であり、バブル崩壊後に世界レベルに登り詰めた企業がほとんどないことと併せて考えれば、長期的に見て現状が悪いのは明らかですけどね。

投稿: yosano | 2011年8月 6日 (土) 13時13分

累積債務対GDP比のグラフはアンチジャパン、反日系統が使いたがるアイテムでしょう。多数ある情報の中から切り取った一部の情報、一面の事実でしかないし、そういう連中がやいやい言うのを今まで腐るほど見てきた。

または、ユダヤ欧米直系の金融鬼ゾンビ、こいつらが通貨レートや経済規模その他諸々を抑え付けてコントロールする為にバラまくブラフ。ただし、反日左翼系というのはこいつらの駒であるので、要はこれが本体。


格付け会社というのはそういうもの。
つまりユダヤ金融構造の、本質的にはほぼ常に仕手(詐欺)なんだ。嘘ばかり。

バンクと金利(政策金利)を動かせれば十分ではあるが、そういうサブルーチンも使っていると。

どうでもいいけど、支那の財務を北京中共が扱ってる、なんて思うのは大きな間違いだと思うよ。共産主義自体もそう、無論日本もで、現在の構造のままだと、全てはユダヤ欧米が扱ってる様なもの。表向きの看板で誤魔化しているだけで、実際の太守・代官みたいなもんが、各エリアセクターにいるはずだよ。

六本木ヒルズとか、各地米軍基地に住み着いている寄生虫みたいな吸血ゾンビどもがウヨウヨいる。

ゼロ金利に関しては、円キャリー・トレードこれに尽きる。

投稿: 橘陣 | 2013年1月28日 (月) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郷村基 | トップページ | デマンドメディア »