« アップルの時価総額が20年ぶりにマイクロソフトを抜く | トップページ | iPhone4 記事まとめ »

2010年6月 7日 (月)

世界の掘削会社ランキング

世界の掘削会社ランキング
順位 掘削会社 国名 リグ数
1 トランスオーシャン アメリカ 116
2 ノーブル アメリカ 54
3 エンスコ アメリカ 45
4 ダイアモンド・オフショア アメリカ 43
5 ローワン アメリカ 27
6 チャイナ・オイルフィールド・サービス COSL 中国 26
8 プライド・インターナショナル アメリカ 23
8 シードリル ノルウェー 23
10 アバン・オフショア インド 18
11 マースク・ドリリング デンマーク 17
12 サイペン イタリア 15
12 ヘラクレス・オフショア アメリカ 15
13 日本海洋掘削 日本 11
日経ヴェリタス(2010年5月30日、p18)

メキシコ湾原油流出BP打撃 巨額訴訟とイメージ低下、損失莫大[産経Biz]

米国の法律では、原油流出事故の賠償上限額は1件当たり7500万ドルと定められているが、汚染海域の原状回復は事故を起こした企業が全責任を負う。そのほか、課徴金や訴訟費用が加わる。…BPのヘイワード最高経営責任者(CEO)は、米国法の7500万ドルの上限にかかわらず、「正当な」申し出に対しては適切な補償を行うと述べている。

英BPメキシコ湾原油流出事故。海洋掘削基地は現代重工業が製造米トランスオーシャンが運営らしい。日本企業では三井物産が原油権益の10%を保有。米政府が原油除去費用64億円を英BPに請求したことを皮切りに、今後も損失の請求が続くことが予想され、事故原因が解明されるまでは関係各社の株価が冴えないだろう。

トランスオーシャンと日本海洋掘削の比較
社名 トランスオーシャン 日本海洋掘削
時価総額 160億ドル 621億円
直近売上高 115億ドル 365億円
営業利益 43億ドル 113億円
最終利益 31億ドル 100億円
運用リグ数 116(1位) 11(13位)
サイト deepwater.com jdc.co.jp

規模が全く違いますね。

掘削工事の収入は1日あたりのリグ利用料と稼働日数で決まる。新しいリグの建造には500-700億円、2-3年の期間が必要。世界全体のリグ平均稼働率は約77%。[p.18]less than a minute ago via web

■時価総額(2010年6月6日時点)
英BP(1163億ドル)
米トランスオーシャン(160億ドル)
三井物産(2.2兆円)
米ノーブル(70億ドル)
米エンスコ(50億ドル)
米ダイアモンドオフショア(82億ドル)
米ローワン(26億ドル)
米プライドインターナショナル(40億ドル)
日本海洋掘削(621億円)

[追記]2010/6/9
ハリバートン BP 株価 トランスオーシャン
石油精製のハリバートンも関係があるのか。クレディ・スイスによると、BPの負担額は最大3.3兆円とのこと。

|

« アップルの時価総額が20年ぶりにマイクロソフトを抜く | トップページ | iPhone4 記事まとめ »

資料・データ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アップルの時価総額が20年ぶりにマイクロソフトを抜く | トップページ | iPhone4 記事まとめ »