« 服部正也 | トップページ | 採用の超プロが教えるできる人できない人 »

2010年4月30日 (金)

10-Kとは

EDGARの使い方[世界四季報]

10-K(読み:てんけい、英語名:Form 10-K)
年次報告書

10-Q
四半期報告書

8-K
臨時報告書(重大な事象が発生した場合に提出される)

20-F
外国企業の年次報告書

■S-1, S-2, S-3
登録届出書(S-2は組込方式、S-3は参照方式に相当)

Form 10-K[Wikipedia]

■構成
They are every annual report contains 4 parts and 15 schedules.

[PART I]
・ITEM 1
Description of Business(事業概要)
・ITEM 1A
Risk Factor(リスク要素)
・ITEM 1B
Unresolved Staff Comments(未解決コメント)
・ITEM 2
Description of Properties(資産の説明)
・ITEM 3
Legal Proceedings(法的手続き)
・ITEM 4
Submission of Matters to a Vote of Security Holders(投票申込事項)

[PART II]
・ITEM 5
Market for Registrant’s Common Equity, Related Stockholder Matters and Issuer Purchases of Equity Securities
・ITEM 6
Selected Financial Data(財務データ)

・ITEM 7
Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations(財務分析)
・ITEM 7A
Quantitative and Qualitative Disclosures About Market Risk(市場リスクの定量・定性分析)
・ITEM 8
Financial Statements and Supplementary Data(財務諸表と補足データ)
・ITEM 9
Changes in and Disagreements With Accountants on Accounting and Financial Disclosure(会計士の意見)
・ITEM 9A
Controls and Procedures
・ITEM 9B
Other Information(その他)

[PART III]
・ITEM 10
Directors, Executive Officers and Corporate Governance(コーポレートガバナンス)
・ITEM 11
Executive Compensation(役員報酬)
・ITEM 12
Security Ownership of Certain Beneficial Owners and Management and Related Stockholder Matters(関連株主)
・ITEM 13
Certain Relationships and Related Transactions, and Director Independence(関連取引)
・ITEM 14
Principal Accounting Fees and Services

[PART IV]
・ITEM 15
Exhibits, Financial Statement Schedules Signatures

■例
SEC Filings for Google[Yahoo!Finance]

年次報告書とは[証券用語辞典]

会計年度の終了後90日以内に毎年提出するよう求められている。

アニュアルレポート(年次報告書)annual report 別名10-Kとは[投資初心者から中長期の投資家へ]

annual reportとは表記されるのは珍しく、通常、「10-K」もしくは「Form10-K」という場合が多い

SEC(米証券取引委員会)のデータベースである、米電子開示システムEDGAR(Electric Data Gathering, Analysis and Retrieval)から直接データを入手できるのかと思ったのですが…、どうやるのでしょうか。

|

« 服部正也 | トップページ | 採用の超プロが教えるできる人できない人 »

用語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服部正也 | トップページ | 採用の超プロが教えるできる人できない人 »