« 太陽熱発電 | トップページ | フェラーリの売上高 »

2009年2月13日 (金)

シナリオは描けているのか

PayPerPost騒動ですが、自分の記事が紹介も無しにはてブが付くという事は、IT界隈では大事件なのでしょう。

PayPerPost騒動の流れ弾に当たったかも(世界四季報)

当事者であるサイバーバズの社長がブログを更新しておりました。

当社一部報道に関して(サイバーバズ社長)
今は一旦広報としての対応を優先しておりますので
僕の個人的な考えなどは一旦控えさせていただきます。

もちろん、機会があれば公開していきます

ま、今回の件で色々言われているようですが、
僕たちとしては粛々と健全に事業を進めていくだけですし、
引き続きがんばります。

なんだかネットマーケティングの企業にしてはお粗末な対応。たぶん信頼回復のシナリオが描けていないのでしょう。

比較するのもアレなんですが『麻生首相vs小泉元首相』解散総選挙に向け面白いシナリオでメディアを賑わせております。

「本当に3分の2(の衆院での再議決)を使ってでも成立させねばならないような法案とは思っていない」

郵政民営化に対し反対発言した麻生総理は、小泉元首相が全精力をかけて獲得した議席数を使い定額給付金の財源を盛り込んだ2次補正予算の関連法案を通すというのは、確かに筋を通していませんよね。

解散総選挙を睨み、引退前に自民党、チルドレン、次男のために最後の一仕事をしようという小泉元首相のシナリオでしょう。相変わらずメディアの扱い方がお上手です。

ただ半年ほど前に安部・福田元首相の辞任で世襲議員批判が相次いでいる中、次男の小泉進次郎氏を紹介したのは除いて。

あえて親の影をチラつかすぐらいでよかったのに2ショットは失敗です。さすがの小泉元首相でも息子が絡むと見誤りますね。

|

« 太陽熱発電 | トップページ | フェラーリの売上高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽熱発電 | トップページ | フェラーリの売上高 »