« 脱税のバイブル本「脱税のススメ」 | トップページ | フィスコが連続ストップ高の新記録を達成 »

2009年2月27日 (金)

のれん代とは

ローソンがam/pmを145億円で買収する際に発生するのれん代が90億円という。
>>ローソンがam/pmを145億円で買収(世界四季報)

企業の買収や合併の際に、買収された企業の純資産と買収価額(時価総額)との差額をのれん代というそうです。

のれん代とは(マネー辞典)
企業が持つ営業権。「ブランド」「ノウハウ」「顧客との関係」「従業員の能力」等、無形固定資産のこと。

■無形固定資産
特許権、地上権、商標権、実用新案家、意匠権、鉱業権、ライセンス契約、ロイヤリティ契約などの法律上の権利や、文学作品、音楽的作品、絵 画、写真などの芸術的価値、顧客リストや顧客との契約など営業上の顧客との関係、それにのれん代」(=営業権)のような経済的な財産があります。
>>のれん代(いま聞きたいQ&A)

営業権という言葉もシックリきませんが買収プレミアムとは違うようですね。

のれん代(Wikipedia)
企業のブランド力、「のれん代」はいくら?(All About)
のれん代って???(Aim High News Review)
「のれん代」の考え方について(Yahoo!知恵袋)
のれん代(R25)

[関連記事]世界四季報
国際ブランド価値ランキング2008年(2008年11月8日)
国際ブランド価値ランキング2007年(2008年2月25日)
日本国内ブランド価値ランキング(2008年4月20日)

|

« 脱税のバイブル本「脱税のススメ」 | トップページ | フィスコが連続ストップ高の新記録を達成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱税のバイブル本「脱税のススメ」 | トップページ | フィスコが連続ストップ高の新記録を達成 »