« GMブランドの世界販売台数 | トップページ | RBSがF1ウィリアムズへのスポンサー契約を打ち切る »

2009年2月28日 (土)

国家戦略「もうろう会見で円安に」

世界中を賑わせた中川元財務大臣のもうろう会見が日本経済にとってプラスに作用した模様です。

中川前財務相の失態、幸運にも円安を招く(日経ビジネスオンライン)
G7会見の前、円は1ドル=91円90銭近辺で推移していた。だが、2月25日の東京市場では、昨年11月半ば以来の1ドル=97円まで下落。1週間余りで実に5.6%も下げる結果となった。

日経平均株価は世界経済に敏感に反応してしまう事を考えると、消去法により引き起こされた円高対策として政府の「失態会見」で円安に戻すというのは、大変にコストパフォーマンスがよろしい金融戦略ですね

[リンク]
居眠り大臣もうろう会見(携帯ゲーム)
Drunk Minister (酔っ払い大臣)

|

« GMブランドの世界販売台数 | トップページ | RBSがF1ウィリアムズへのスポンサー契約を打ち切る »

コメント

円安の割には株価が・・・
資本が逃げているようで、怖いです。

投稿: なる | 2009年2月28日 (土) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GMブランドの世界販売台数 | トップページ | RBSがF1ウィリアムズへのスポンサー契約を打ち切る »