« エルピーダメモリへ公的資金投入の是非 | トップページ | バッドバンクとは »

2009年2月 8日 (日)

個人金融資産1400兆円は埋蔵金なのか

個人金融資産 1400兆円
>>年齢階層別の金融資産保有割合をグラフ化してみる

個人金融資産のうち8割を50歳以上が持つ
04年度末の個人金融資産約1400兆円のうち、30歳代以下は1割にも満たない。ほとんどが中高年で、うち5割強を60歳以上が占めている。団塊世代を含む50歳以上だと、8割にも達するのだ。

 コラム中に大前研一さんが「10%使えば日本の経済状況は激変する」というご指摘がありましたが、シルバー世代は何もしない事が最大の投資(1400兆円は無いもの)と考え、無理に1次消費させようとしても期待できないと思います。

 それなら2次、3次消費を促すような「仕組み」を考えたりした方が僕は可能性があると思います。例えば、若い世代は上記のデータが示すとおりに資産が無いのであれば、生前贈与には課税せずに若い世代に向かうようにお金が流れるようにするとか。富裕層のボンボンならお金を消費してくれそうですしね。

 「埋蔵金」という見方はあまり好きではないですが、Win-Winかつ分かりやすい方法ではないと1400兆円を掘り当てるには手こずりそうです。ただ「政府紙幣」政策よりかはマシだと思いますよ。

[メモ]家計金融資産1400兆円の分析(PDF形式:表3)注:2005年時点
■家計金融資産1424兆円

◎預金750兆円
◎株式120兆円
◎投資信託40兆円
◎負債385兆円
◎純資産約1000兆円

----------------------------------
ざっくり1億人で割ると一人あたりは
■資産1400万円

銀行預金750万円
証券口座120万円
投資信託に40万円
◎借金(住宅ローン/自動車ローンなど)385万円
◎純資産1000万円

賜ネタ

[追記]
個人金融資産1500兆円の世代別分布(☆=10兆円) 
 
29歳以下:☆
30~39歳:☆☆☆☆☆☆☆☆☆
40~49歳:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
50~59歳:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
60~69歳:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
70歳以上:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
世代別平均金融資産残高(★=100万円) 
29歳以下:★★ 
30~39歳:★★★★★★ 
40~49歳:★★★★★★★★★★ 
50~59歳:★★★★★★★★★★★★★★★ 
60~69歳:★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
70歳以上:★★★★★★★★★★★★★★★★ 
【経済】若者が低賃金なのは高齢者が金を使わないから。個人金融資産1400兆円の内、8割が50歳以上のもので過剰な貯蓄は経済に悪影響★6

|

« エルピーダメモリへ公的資金投入の是非 | トップページ | バッドバンクとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エルピーダメモリへ公的資金投入の是非 | トップページ | バッドバンクとは »