« 日本の切り札はメタンハイドレート | トップページ | サラリーマン債 »

2009年2月15日 (日)

テマセク08年に3兆円超の損失

1974年に設立以来アクティブ運用で年平均約18%という数字を残していたテマセクですが、2008年の金融危機で運用資産の約3割を失った模様です。

シンガポール政府系ファンド・テマセク、08年に3兆円超の損失
 テマセクの資産額は、08年3月31日に1,850億シンガポールドルであったが、同年11月30日時点で1,270億シンガポールドルにまで減少した。

中国のCICはじめ、様々な国の政府系ファンドが模範としているのでどのような影響があるのか注目です。特に日本。

カルパース
>>BizPlus:酒井雷太氏「米国に見る!破綻するにはワケがある」

カルパースよりも下落率が大きいのが興味深い。

[関連記事]
カルパース(世界四季報)
政府系ファンド一覧(世界四季報)
国富ファンドとは(世界四季報)
海外機関投資家 一覧リスト(世界四季報)

|

« 日本の切り札はメタンハイドレート | トップページ | サラリーマン債 »

コメント

文構成がバラバラだなー。

投稿: スージー | 2009年2月15日 (日) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の切り札はメタンハイドレート | トップページ | サラリーマン債 »