« ジョン・ホー | トップページ | 日本のヘッジファンド一覧 »

2009年1月24日 (土)

世界の時価総額ランキング2008

2008年末 世界の時価総額ランキング
順位 企業名 国名 時価総額
1(2) エクソンモービル 米国 3997億ドル
2(1) 中国石油天然気(ペトロチャイナ) 中国 2591億ドル
3(25) ウォルマート・ストアーズ 米国 2176億ドル
4(4) 中国移動(チャイナモバイル) 香港 1968億ドル
5(14) P&G 米国 1809億ドル
6(6) マイクロソフト 米国 1765億ドル
7(5) 中国工商銀行 中国 1747億ドル
8(10) AT&T 米国 1677億ドル
9(3) ゼネラル・エレクトリック(GE) 米国 1666億ドル
10(26) ジョンソン&ジョンソン 米国 1641億ドル
11(9) ロイヤル・ダッチ・シェル 英蘭 1603億ドル
12(28) ネスレ スイス 1553億ドル
13(19) シェブロン 米国 1490億ドル
14(15) バークシャー・ハサウェイ 米国 1423億ドル
15(13) BP 英国 1413億ドル
16(20) トタル フランス 1326億ドル
17(8) 中国建設銀行 中国 1259億ドル
18(33) ファイザー 米国 1196億ドル
19(41) JPモルガン・チェース 米国 1157億ドル
20(51) ノバルティス スイス 1133億ドル
日本勢の上位
23(24) トヨタ自動車 日本 1110億ドル
41(93) NTTドコモ 日本 877億ドル
50(91) NTT 日本 816億ドル
57(65) 三菱UFJ・FG 日本 704億ドル
70(86) 任天堂 日本 530億ドル
※出典:日本経済新聞(2009年1月23日付け夕刊1面)
※野村證券調べ
※英FTSE算出ベース昨年末終値。
※()は2007年末順位

▼関連記事
世界時価総額ランキング2009(世界四季報)
2007年世界時価総額ランキング(世界四季報)
2006年世界時価総額ランク1~30位(世界四季報)

▼リンク
Google Finance(株価検索)
フィナンシャルタイムズ世界トップ500 国別時価総額(分析図)
(注意)激重サイトなのでブラウザーが落ちるかもしれません。

|

« ジョン・ホー | トップページ | 日本のヘッジファンド一覧 »

コメント


中国企業には、中国政府のカネが五万と流入している事実を差し引いて考えないと事実を見誤るよ。

投稿: | 2009年1月25日 (日) 02時04分

誰の金であろうと時価総額が高いのは事実だろ。

投稿: | 2009年1月25日 (日) 11時53分


純粋な企業の時価総額との比較検討できないので意味を持たないランキング。

事実認識を歪めさせる事はできるけどね。

都合の良い一面だけを切り取って、事実に相違無いという詭弁を弄しているだけ。

投稿: | 2009年1月25日 (日) 14時43分

皆様コメントありがとうございます。

>都合の良い一面だけを切り取って
中国企業の負の部分(粉飾決算など)は多少はあるものと見ております。ただ、それを補って余りあるだけの将来性が株価に織り込まれているものだと思います。

[参考記事]
■2050年世界の国別GDPランキング予測(2008年11月19日)
http://4ki4.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/gdp-b1b9.html
■中国のGDPが世界3位に浮上(2009年1月15日)
http://4ki4.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/gdp-3cce.html

今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

投稿: su-Z | 2009年1月26日 (月) 22時03分


中国批判をするつもりも、日米欧を礼讃するつもりも毛頭ないが、表題を含めデータとしての在り方の話をしている訳です。

追記
GDPのデータを引っ張り出してくる事に意味はありません。プラザ合意の如く中国元が変動相場制に移行(武力に依らない中国国内の平穏化を成し遂げられれば)できたなら、その将来性を期待できるでしょう。

暴力に頼る様では、その国の統治能力および民度が欠落していることを示している訳です(その意味では日本の統治能力は最高峰に位置します)。

かのような論点を欠いていると言わざるを得ません。

投稿: | 2009年1月27日 (火) 04時47分

| さん、

>表題を含めデータとしての在り方の話をしている訳です。

そうですから、【2008年末 世界の時価総額ランキング】というランキングにおけるデータとしての在り方については、中国政府のカネが五万と流入している事実を"差し引いてはいけません。"

差し引いてしまってしまうと論文の世界などでは確実にデータとして認められません。差し引かないもののみがデータとして認められます。

投稿: 吊られた男 | 2009年1月30日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョン・ホー | トップページ | 日本のヘッジファンド一覧 »