« シンプルモダン住宅 | トップページ | 100円ノート超メモ術 »

2008年3月16日 (日)

情報大航海時代

佐藤尚之さんの「明日の広告」の第2章「広告はモテなくなった」P70に興味深いグラフがありました。

情報大航海時代
「消化可能情報量」はほぼ横ばいなのに対して、「選択可能情報量」はこの平成14年から17年まで8倍に増加しているのが分かります。
情報大航海時代
消化可能な情報量約1500に対し、選択可能な情報量は約40000。

僕も処理ができなくて困りブログという手段で捌いているという現状です。現在は情報過多時代というべきなのか確かな軸を持たないと情報に溺れてしまいます。

※[参照]平成17年度情報流通センサス報告書(PDF形式)

■関連記事
人類がサイボーグ化する日も近いかも(世界四季報)
脳からブログへ記憶の外部HDD化(ネット海)
記憶のアウトソーシング。

[追記]2010年2月11日
情報 大航海 時代 情報量
ネット時代で「読む量」が急増:研究結果(Wired Vision)

緑のPCが3割ぐらいなんだ。

[追記]2010年4月16
情報収集依存にならないために最もコンパクトな情報整理術を[earth in us]

1.オートメーションを止めて、「この情報収集の目的は?」と自分に聞く

2.単なるログはいらない。情報は「料理」する

3.取り入れるものに制約を設ける・減らす・フィルターする。

4.データベースは軽く

5.必要最小限の情報でアウトプット、行動、意思決定をする

6.定期的にラマダーン(情報断食)をする

あえて情報に溺れるほどインプットしてきたつもりですが、少し見直す時期にきたのかもしれない。

[追記]2011/7/8
PARTYはじめました[Censorable log]
リンクありがとうございます。

 

|

« シンプルモダン住宅 | トップページ | 100円ノート超メモ術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンプルモダン住宅 | トップページ | 100円ノート超メモ術 »