« 東京ガールズコレクションの来場者数と売上高 | トップページ | [YouTube動画]Jamiroquai(ジャミロクワイ) - Virtual Insanity »

2007年9月 5日 (水)

創業者(経営者)視点の人事評価

サイバードの立ち上げに携わり、現在Klabを経営している真田社長のブログの引用、防備録です。

人の評価方法は、大別して加点主義減点主義に二分できる。加点主義は優れた点に着目して、0点から始まって良い点が有れば点数を加えていく。減点主義は100点から始まって、ミスや問題点が有ればその都度減点していく。

ベンチャーを起業した時は、みな加点主義の評価から始まる。会社そのものが0点からスタートするのだから、その会社の社員の評価も0点から加点して行くことになる。

加点主義では何かチャレンジしない限り点数が増えない。減点主義では、何も動かなければ減点されるキッカケが生まれないが、何か動けば動くほど減点される機会が増えてしまう。

だから、減点主義の会社や世の中では、現状維持の事なかれ主義者が減点が少ないために生き残っていき、いつの間にか幅をきかせるようになっていく。

ベンチャーが起業したての頃は、0点からの出発なので加点主義から、始まる。しかし、失うモノができ、IPOなどを考える頃から、減点主義者が増殖 し始める。減点主義者は「コンプライアンス」や「内部統制」などの最新言葉兵器を振りかざしながら社員の欠点探しをし、欠点を見つけると大喜びで閻魔帳に 減点をつけていく。そうしてベンチャー起業は普通の零細企業へ変貌していく。

加点主義の会社では、次の順で評価をしていく。
①挑戦して成功した人
②挑戦して失敗した人
③何も挑戦しなかった人

イノベーションを起こすのは常に加点主義の会社だ。減点主義の会社は突然死こそしないが、現状維持か、じり貧を継続して、いずれパラダイムの変わり目で消えていく。

経験上から出てくる経営者の意見ははマトを射ていて、参考になりますね。

|

« 東京ガールズコレクションの来場者数と売上高 | トップページ | [YouTube動画]Jamiroquai(ジャミロクワイ) - Virtual Insanity »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京ガールズコレクションの来場者数と売上高 | トップページ | [YouTube動画]Jamiroquai(ジャミロクワイ) - Virtual Insanity »