« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の9件の記事

2007年3月31日 (土)

[資料]サッカークラブ長者番付2007 by forbes

米経済誌“フォーブス”が発表したクラブの長者番付によると、世界で最もリッチなクラブはイングランドのマンチェスター・ユナイテッドで、スペインのレアル・マドリー、イングランドのアーセナルがこれに続きました。
>>forbes
>>BBC

340001_action

1位.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
          14億5300万ドル(約1711億7000万円
2位.レアル・マドリー(スペイン)
          10億3600万ドル(約1220億5000万円
3位.アーセナル(イングランド) 
           9億1500万ドル(約1077億9000万円
4位.バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
           8億3800万ドル (約986億9000万円
5位.ACミラン(イタリア)
           8億2400万ドル (約970億5000万円
6位.ユベントス(イタリア)
           5億6700万ドル (約667億8000万円
7位.インテル(イタリア) 
           5億5500万ドル (約653億6000万円
8位.チェルシー(イングランド)
           5億3700万ドル (約632億4000万円
9位.バルセロナ(スペイン) 
           5億3500万ドル (約630億2000万円
10位.シャルケ04(ドイツ) 
           4億7100万ドル (約554億7000万円


マンUの独走が気になるがよくよく考えてみると、(比較はできないけど感覚的に)時価総額が500億円以上で一部上場できるので、知名度・ユーロ高を考慮すると驚くほどの額ではないとも考えられます。
>>[国内ニュース]都道府県の財務を企業規模に置き換えると


そのほかのスポーツクラブなどの資料
>>スポーツチーム資産価値

最近、「億」という文字に動じなくなってきたなぁ(笑)


世界四季報

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

[海外サイト]Second Life

 

SecondLifeとは「3DのSNS」という感じのIT空間です。

SecondLife内では実際に人的交流や社会が実社会と同様にリアルに存在し、商活動をも行い、米ドルなどの実際のお金をLinden通貨に換金して、Linden貨幣にて社会生活や土地や島の購入や利用、また商取引が行われます。流通金額は7億円を超えているらしいです。
>>DREAMGATE

オモシロいのは、普通のネットビジネスでは色々なアイテムを購入するのですが、
SecondLifeでは、自分で作ったモノをアップデートするときに課金されるらしいです。(未確認)
>>Impress Watch

最近、セカンドライフ(SecondLife)内にブースを作ってPRする企業が増加してきました。
>>ITmedia

Second Lifeをはじめ、操作に操作にだんだん慣れてきたのでmixiを探しました。
>>世界匹季報

 Ws000002_1
下メニュー[search]⇒[places]⇒「mixi」と入力⇒[search]⇒[Teleport]
でミクシィーの採用オフィスへ飛びます。

Ws000001
mixi採用オフィスです。

やっていて思ったのですが、ゲーム世代だと中にはいって色々物色するので意外にマーケティング戦略ツールとしては使えます。


あと日本語化はコチラ
>>ITMedia

世界四季報

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

世界各国のGDPランキング

最近、BRICsからVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)へ投資先が移行していますが、投資先国の市場に対しお金の流入量が飽和状態でバブルになっているのではと思い、世界のGDPランキングを調べてみました。
ウィキペディア

世界各国のGDPランキング(2005年度)
順位 国名 GDP
1 アメリカ合衆国 12,438,873 Millionドル
2 日本 4,799,061 Millionドル
504兆9180億円
3 ドイツ 2,906,658 Millionドル
4 イギリス 2,295,039 Millionドル
5 フランス 2,216,273 Millionドル
6 中華人民共和国 1,843,117 Millionドル
7 イタリア 1,836,407 Millionドル
8 スペイン 1,120,312 Millionドル
9 カナダ 1,098,446 Millionドル
10 ロシア 755,437 Millionドル
11 インド 749,443 Millionドル
12 ブラジル 732,078 Millionドル
13 大韓民国 720,772 Millionドル
14 メキシコ 714,530 Millionドル
15 オーストラリ 692,436 Millionドル
16 オランダ 629,391 Millionドル
17 ベルギー 387,840 Millionドル
18 スイス 384,642 Millionドル
19 スウェーデン 383,816 Millionドル
20 台湾(中華民国) 345,105 Millionドル
21 トルコ 340,263 Millionドル
22 オーストリア 318,343 Millionドル
23 ポーランド 312,257 Millionドル
24 ノルウェー 285,604 Millionドル
25 サウジアラビア 284,895 Millionドル
26 インドネシア 284,072 Millionドル
27 デンマーク 265,934 Millionドル
28 ギリシャ 230,684 Millionドル
29 南アフリカ 226,486 Millionドル
30 アイルランド 206,467 Millionドル
31 フィンランド 204,385 Millionドル
32 イラン 195,200 Millionドル
33 ポルトガル 185,091 Millionドル
34 タイ 174,545 Millionドル
35 香港(PRC領) 172,932 Millionドル
36 アルゼンチン 172,123 Millionドル
37 マレーシア 127,942 Millionドル
38 チェコ 125,709 Millionドル
39 イスラエル 122,987 Millionドル
40 ベネズエラ 122,301 Millionドル
41 シンガポール 116,326 Millionドル
42 コロンビア 108,731 Millionドル
43 ニュージーランド 107,670 Millionドル
44 ハンガリー 107,144 Millionドル
45 アラブ首長国連邦 103,006 Millionドル
46 チリ 101,526 Millionドル
47 アルジェリア 97,459 Millionドル
48 フィリピン 92,586 Millionドル
49 エジプト 91,688 Millionドル
50 ナイジェリア 91,574 Millionドル
IMF(PDFファイル)調べ
※単位:1Millionドル = 100万ドル = 約1億円

[追記]世界四季報
2050年世界の国別GDPランキング予測(2008年11月19日)
世界各国のGDPランキングを予測(2008年11月18日)

| | コメント (1)

2007年3月18日 (日)

[国内ニュース]シティグループによる日興コーでリアルグループTOB

シティグループが日興コーでリアルに対し買い付け価格を1株が1700円に引き上げました.


 米金融大手シティグループは13日、利益水増し問題に揺れ、経営立て直しを目指している日興コーディアルグループに対し、TOB(株式公開買い付け)を 近日中に実施すると正式発表した。注目されていた買い付け価格については、当初表明した1株当たり1350円から350円引き上げ、1700円とした。
 TOBは全株式を対象にしており、全株を取得した場合の買収総額は約1兆5800億円に上る。外国企業による日本企業の買収額としては、過去最大となる。 -時事通信-


まず時価総額比較から
シティグループ:28.8兆円=240Billion$(120\=1$/世界時価総額4位ぐらい)
>>Google Finance
>>世界時価総額ランキング
日興コーディアルグループ:1.6兆円
>>Yahoo!ファイナンス


Kinyu
右図はFREEMINDというフリーソフトで書いた先日の起業家サミットのマインドマップ。
>>世界匹季報

シティがTOBをしかける理由は、先日の起業家サミットを踏まえてみると納得します。基本的に日本の市場は、世界から見ると魅力は非常に薄いらしいです。外国からの投資は、世界の主な市場では10~20%ぐらいなのに対して日本は2~3%です。しかし、今回のTOBは明らかに団塊世代の退職金を狙ったものですね。日本の団塊は一つしかなく、しかも1言語と、非常にマーケットが局所化されており、アメリカでは団塊が3箇所、ヨーロッパでは複数言語で、マーケットが分散されており、それを考えると日本の市場は大変魅力的なのが分かります。確実に美味しい市場を取るためのTOB、ハゲタカらしい合理的な戦略ですね。

、と「ハゲタカ」見てブログで書いてしまった。2と5話しか見ていないのですが、ライブドアを明らかに意識した面白いドラマです。来週、最終話ですので是非。

世界四季報

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

[国内ニュース]外国企業とアメリカの国家予算

先日の投稿の補足記事を見つけましたので再投稿。

先日の投稿で「日本はもはやアジアの長者国ではない」と指摘していた部分について
>>世界資産家番付2007  (2007/3/9)

R25に次の記事に書いてあった。

外国企業の上場。ニューヨークやロンドン、シンガポールでは10%以上が外国企業なのに対し、東証ではわずか1%
>>東京証券取引所には、なぜ外国企業の上場が少ない?(R25)

この記事が今の日本市場の魅力を表した数字で間違いないと思う。

ただアメリカの国家予算が348兆2400億円(1ドル=120円)として考えるとそこまで魅力がないとも思えないのだが。
>>「アメリカの国家予算」の規模っていくらだっけ?(R25)

 

世界四季報トップ

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

[海外ニュース]世界資産家番付2007

フォーブスが8日に世界長者番付を発表しました。
>>フォーブス

以下は毎日新聞の記事なんですが、 

【ワシントン木村旬】米経済誌フォーブスが8日発表した07年版世界長者番付によると、資産10億ドル(約1170億円)以上の946人のうち、インドが 36人と日本(24人)を上回り、87年の番付開始以来、日本がアジアでの富豪人数トップの座を初めて明け渡した。日本人の最高は、ソフトバンクの孫正義 社長の58億ドル(約6800億円)。ただ、全体での順位は129位で、日本勢は前年に続き、上位100傑にも入らなかった。

 87年に は堤義明・元コクド会長が世界トップだったが、今回は上位100傑に、成長を続けるインドから8人入った。同誌は「日本はもはやアジアの長者国ではない」 と指摘している。日本人2位は、森トラストの森章社長と森家の57億ドル(全体で132位)。3位はサントリーの佐治信忠社長と佐治家の47億ドル(同 167位)。

 全体の1位は米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長が資産総額560億ドル(約6兆5500億円)で13年連続。2位は7年 連続で米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏の520億ドル。3位も2年連続でメキシコの携帯電話最大手アメリカ・モービルを経営するカルロス・スリム 氏の490億ドル。
毎日新聞


「日本はもはやアジアの長者国ではない」という一文が全てだと思います。この言葉を覆す日本人起業家が早く出てきて欲しいですね。
孫社長には日本のゴタゴタが片付いたら、最後は「世界」でもう一勝負して欲しいです。

今度のDGイベントに百度の李彦宏氏が来るらしいです。中国には12億人(14億人とも言われている)がいて、googleやyahooを押さえ中国で検索シェアNO.1らしいです。あと数年後には番付の上位に食い込んでくるハズなのでどのような方なのか聞いてみたいですね。
>>TOKYO起業家サミット

また時間があれば、フォーブスの世界長者番付を整調してみます。

世界四季報トップ

| | コメント (0)

[国内ニュース]都道府県の財務を企業規模に置き換えると

All About(JASDAQ,時価総額200億円)にて面白い記事がありました。
>>東京都はなぜ注目を浴びるのか


20070308a_2 右図は平成19年度の一般会計予算案です。

東京都の歳入は約6.6兆円。小さな国の国家予算規模です。かつては中国の国家予算さえしのいでいました。
横 浜市が1.3兆円、神奈川県が1.6兆円、大阪府が約3.3兆円となっています(いずれも平成19年度一般会計予算案)。

先日、僕も現在居住する茅ヶ崎市の予算を調べていました。宮崎県知事選の影響なんですが(^^;。
>>茅ヶ崎市の財政

時価総額が500億円で一部上場可能なので、茅ヶ崎市予算は大体500億円程度なので、たぶん一部上場はできますね(笑)
21
>>なぜ大阪の「USJ」は東証マザーズへ上場したのか

ただ横浜市が1.3兆円と同県でこれほどの格差があると、ちょっと悔しいです。





世界四季報トップ

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金)

これまでのアクセス数

せっかくなので現在のアクセス数画像を掲載します。

今のアクセスグラフ
アクセス数

4ヶ月間のアクセス数推移
アクセス数

徐々に増えています。
ありがとうございます<(_ _)>

ちなみにこの画像はFirefoxの拡張機能のpageserverです。
簡単にjpegかpng形式のスクリーンショットをマウスクリック一つで作れます。
>>pageserver
Pagesaver 画像キャプチャー

他にもFirefoxの拡張機能がいろいろ紹介(特にWeb開発系)
>>designwalker

そのほかにも色々あります。
>>DIASPAD

世界四季報トップ

| | コメント (2)

2007年3月 1日 (木)

[9th]【NIKE】スポーツ界のカリスマスポンサー企業

ナイキの三日月スパイクImages_2
アディダスの三本線スパイク
プーマのタイガースパイク

サッカー小僧ならどれかを履いてボールを蹴った記憶があると思います。

NIKE, adidas, pumaと日本のメーカーだと思っていたのですが、

NIKEはアメリカ
adidasはドイツ
プーマはドイツ

のスポーツ用品メーカーでした。

アシックス(東証一部、時価総額2700億円)
ミズノ(東証一部、時価総額1000億円)

は国内のスポーツ用品メーカーです。


Img10141962121


 

先日、サッカードイツ代表のスポンサーにNIKEが名乗りを上げました。

ドイツ国産メーカーであるアディダス社のスポンサードを受けており、

「ドイツといえばアディダス」が“当たり前”のような認識でしたが、

そこに、なんとナイキが8年800億円の掲示しました。

半世紀以上も続いた代表とアディダスとの関係が、現在大きく揺れ動いています。

>>ナイキがドイツ代表へスポンサー契約をオファー

色々な思惑があり海外のビジネスは面白いですねー。
他にも

>>浦和、ナイキと4年16億円契約
>>W杯4強とのスポンサー契約数、独アディダスがトップ






ちなみに日本のアディダス社とのスポンサー料は、ドイツと同額ぐらいで8年で160億らしいです。
>>ドイツとアディダスの危機
>>アディダス王国ドイツに乗り込むナイキ



先日アップしたスポーツチームの資産ランキング
>>スポーツチーム 資産ランキング

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■
[目次]
[企業情報]
[財務状況]
[歴史]
[社名]
[スポンサード一覧]

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■
[企業情報]
本社は米国にあるが、同国内に自社工場を一つも持たず、実際の生産は人件費の安いアジア諸国を中心としている。
スポーツチームや選手とスポンサー契約をし、ブランド付加価値を高め商品を販売するスポーツブランド戦略。

【社名】NIKE, Inc.   
【特色】スポーツブランド戦略
【業種分類】スポーツ用品メーカー
【市場名】NYSE
【決算】5月末日
【会長】Mr. Philip H. Knight(フィリップ・ナイトage69)
【CEO】Mr. Mark G. Parker(age50)
【本社】アメリカオレゴン州
【従業員数】28,000人

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■

[財務状況]
(現在の株価)⇒Google finance
2007/2/10
[時価総額]26.11Bilion⇒261.1億$⇒3.13兆円(1$=120¥)
[株価]103.60$
[PER]19.62
[EPS]5.28
(過去5年分財務状況)(1$=120¥)
【売上げ】Total Revenue
[2006/5/31]14,954.90Million⇒149.549億$⇒1.79兆円
[2005/5/31]13,739.70Million⇒137.397億$⇒1.65兆円
[2004/5/31]12,253.10Million⇒122.531億$⇒1.47兆円
[2003/5/31]10,697.00Million⇒106.970億$⇒1.28兆円
[2002/5/31] 9,893.00Million⇒ 98.930億$⇒1.19兆円
[2001/5/31] 9,488.80Million⇒ 94.888億$⇒1.14兆円
【純利益】Net Profit
[2006/5/31]1,392.00Million⇒13.920億$⇒1670億円
[2005/5/31]1,211.60Million⇒12.116億$⇒1454億円
[2004/5/31]  945.60Million⇒ 9.456億$⇒1135億円
[2003/5/31]  474.00Million⇒ 4.740億$⇒ 569億円
[2002/5/31]  663.30Million⇒ 6.663億$⇒ 796億円
[2001/5/31]  589.70Million⇒ 5.897億$⇒ 884億円
【粗利益】Gross Profit
[2006/5/31]6,587.00Million⇒65.870億$⇒7904億円
[2005/5/31]6,115.40Million⇒61.115億$⇒7334億円
[2004/5/31]5,251.70Million⇒52.517億$⇒6902億円
[2003/5/31]4,383.40Million⇒43.834億$⇒5260億円
[2002/5/31]3,888.30Million⇒38.883億$⇒4666億円
[2001/5/31]3,703.90Million⇒37.039億$⇒4445億円
【営業収益】Operating Income                                
[2006/5/31]2,141.60Million⇒21.416億$⇒2570億円
[2005/5/31]1,859.80Million⇒18.598億$⇒2232億円
[2004/5/31]1,450.00Million⇒14.500億$⇒1740億円
[2003/5/31]1,123.00Million⇒11.230億$⇒1348億円
[2002/5/31]1,017.30Million⇒10.173億$⇒1221億円
[2001/5/31]  921.40Million⇒ 9.214億$⇒1106億円

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■

[歴史]

「ナイキ」の前身は1964年にフィリップ・ナイトとビル・バウワーマンが設立した「ブルーリボン・スポーツ」である。陸上選手だったフィリップと陸上コーチだったビルは、日本のオニツカ・タイガー(現アシックス)のスニーカーのアメリカでの輸入販売権を獲得し経営に拍車をかけ、69年には自社生産を開始する。

そして1971年にあの「三日月マーク」のロゴ(スワッシュ)を商標登録し、社名を「ナイキ」に変更。当初手掛けたのは、ビルの考案による靴底に「ワッフルソール」を採用した「ワッフルトレーナー」で、大ヒットを記録した「エアージョーダン」、「エアーマックス」を発表するのは80年代に入ってからである。

「エアージョーダン」、「エアーマックス」、特殊ガスを注入したウレタンをソール部に内蔵した「エアークッション・システム」を導入したこれらのスニーカーは、その画期的な構造、そのデザイン性などにより高い評価を得た。また「エアージョーダン」はバスケットの花形選手のマイケル・ジョーダンのために開発されたことも、大ヒットの要因であろう。「エアージョーダン」を履いた彼が活躍することが、一流選手の運動能力に貢献する優れたスニーカーであることの証明となり、人気を博することに繋がった。

また80年代は、スポーツ選手以外にも、快適な社会生活を送るべく、ジョギングやフィットネス、トレーニング・ジムなどで汗を流す人達が増えていった時代でもあり、こういった時代背景の恩恵も受け「ナイキ」は、あの「アディダス」を抜き去り一流スポーツブランドの座を手に入れた。

「ナイキ」のスニーカーは開発に携わる人間の殆どが元スポーツ選手だったことにより、スポーツする側の気持ちがよく反映されていて、「ナイキ」を愛用する選手達の頑なまでに熱い支持を送る姿を見ると、作り手と使用する側との間に強い絆が存在しているように思える。あるオリンピック会場のメダル授与式において、「ナイキ」以外のブランドのブルゾンを着用する事を嫌った選手達がボイコットしかけたとゆうニュースが流れた事からもそれが覗える。

>>ファッションブランドの歴史より

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■
[社名]
ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」(Nike)から採ったもの。

■---■---■---■---■---■---■---■---■---■
[スポンサード]
主な契約選手

    * 清原和博(野球)
    * 城島健司(野球)
    * 松坂大輔(野球)
    * 中村紀洋(野球)
    * 福浦和也(野球)
    * 細川亨(野球)
    * 和田毅(野球)
    * 谷繁元信(野球)
    * 古木克明(野球)
    * ダルビッシュ有(野球)
    * 鳥谷敬(野球)
    * 松井稼頭央(野球)
    * 石井貴(野球)
    * 上原浩治(野球)
    * 川上憲伸(野球)
    * 岩村明憲(野球)
    * デレク・ジーター(野球)
    * アレックス・カブレラ(野球)
    * 秋山成勲(総合格闘技)
    * 田臥勇太(バスケットボール)
    * 為末大(陸上競技)
    * タイガー・ウッズ (ゴルフ)
    * マイケル・ジョーダン(バスケットボール)
    * ロナウジーニョ(サッカー)
    * ロナウド(サッカー)
    * ルイス・フィーゴ(サッカー)
    * クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
    * ロベルト・カルロス(サッカー)
    * ウェイン・ルーニー(サッカー)
    * アドリアーノ(サッカー)
    * ファビオ・カンナバーロ(サッカー)
    * マルコ・マテラッツィ(サッカー)
    * ジャンルカ・ザンブロッタ(サッカー)
    * ジェンナーロ・ガットゥーゾ(サッカー)
    * アンドレア・ピルロ(サッカー)
    * アルベルト・ジラルディーノ(サッカー)
    * ヴィンチェンツォ・イアキンタ(サッカー)
    * クリスティアン・ザッカルド(サッカー)
    * マニシェ(サッカー)
    * クロード・マケレレ(サッカー)
    * エドガー・ダービッツ(サッカー)
    * ルート・ファン・ニステルローイ(サッカー)
    * カルレス・プジョル(サッカー)
    * フェルナンド・トーレス(サッカー)
    * セスク・ファブレガス(サッカー)
    * アンドレス・イニエスタ(サッカー)
    * ホセ・アントニオ・レジェス(サッカー)
    * ビクトール・バルデス(サッカー)
    * イェンス・レーマン(サッカー)
    * トマーシュ・ロシツキー(サッカー)
    * ミロスラフ・クローゼ(サッカー)2006のワールドカップではアディダスを使用
    * ズラタン・イブラヒモビッチ(サッカー)
    * ポール・スコールズ(サッカー)
    * リオ・ファーディナンド(サッカー)
    * ポール・ロビンソン(サッカー)
    * アラン・スミス(サッカー)
    * ジョー・コール(サッカー)
    * ファビアン・バルテズ(サッカー)
    * ロビー・キーン(サッカー)
    * リカルド・ペレイラ(サッカー)
    * ラファエル・マルケス(サッカー)
    * カルロス・テベス(サッカー)
    * ロビーニョ(サッカー)
    * ディディエ・ドログバ(サッカー)
    * パク・チソン(サッカー)
    * イ・ヨンピョ(サッカー)
    * ソル・ギヒョン(サッカー)
    * イ・チョンス(サッカー)

    * ロジャー・フェデラー(テニス)
    * マリア・シャラポワ(テニス)
    * 中田英寿(サッカー)
    * 小野伸二(サッカー)
    * 稲本潤一(サッカー)
    * 高原直泰(サッカー)
    * 鈴木隆行(サッカー)
    * 名良橋晃(サッカー)
    * 城彰二(サッカー)
    * 伊東輝悦(サッカー)
    * 本山雅志(サッカー)
    * 山田暢久(サッカー)
    * 坪井慶介(サッカー)
    * 大黒将志(サッカー)
    * 玉田圭司(サッカー)
    * 田中マルクス闘莉王(サッカー)
    * 都築龍太(サッカー)
    * 高桑大二朗(サッカー)
    * 南雄太(サッカー)
    * 平川忠亮(サッカー)
    * 中西永輔(サッカー)
    * 那須大亮(サッカー)
    * 西澤明訓(サッカー)
    * 山田卓也(サッカー)
    * 大久保嘉人(サッカー)
    * 藤本主税(サッカー)
    * 小林大悟(サッカー)
    * 山岸智(サッカー)
    * 水本裕貴(サッカー)
    * 森本貴幸(サッカー)
    * 亀田興毅(ボクシング)
    * レブロン・ジェームズ(バスケットボール)
    * ポール・ロドリゲス(スケートボード)
    * ダニー・スパ(スケートボード)
    * ダニエル・シミズ(スケートボード)
    * 岩崎進吾(スケートボード)
    * 藤井竜太郎(スケートボード)
    * エルトン・ブランド(バスケットボール)
    * コービー・ブライアント(バスケットボール)
    * ヴィンス・カーター(バスケットボール)
    * ランス・アームストロング(自転車)

契約チーム

サッカー

    * ブラジル代表
    * オランダ代表
    * ポルトガル代表
    * アメリカ代表
    * セルビア代表
    * クロアチア代表
    * オーストラリア代表
    * 韓国代表
    * ベルギー代表
    * スロベニア代表
    * ロシア代表
    * トルコ代表
    * モロッコ代表
    * マレーシア代表
    * インドネシア代表
    * インド代表
    * ニュージーランド代表
    * ユヴェントス
    * インテル・ミラノ
    * マンチェスター・ユナイテッド
    * アーセナル
    * FCバルセロナ
    * バレンシアCF
    * アトレティコ・マドリード
    * ボルシア・ドルトムント
    * ヘルタ・ベルリン
    * VfLヴォルフスブルク
    * VfLボーフム
    * PSVアイントホーフェン
    * パリ・サンジェルマン
    * RCランス
    * FCポルト
    * セルティック
    * ACスパルタ・プラハ
    * スパルタク・モスクワ
    * FCバーゼル
    * ステアウア・ブカレスト
    * ボカ・ジュニアーズ
    * コリンチャンス
    * フラメンゴ
    * クラブ・アメリカ
    * 鹿島アントラーズ
    * 浦和レッズ

野球

    * 西武ライオンズ

>>Wikipediaより


世界四季報トップ



 

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »